リスニングの勉強法(学生時代)

以前にも少し触れましたが、改めて、私のリスニング勉強法をご紹介したいと思います。

cff8fa65535aa288567a5c98b705e124_s

中学・高校生の頃、とにかく生の英語を聞きまくりました。

NHKで夕方にやっているアメリカのSitcom、二重音声のアメリカやイギリスのTV番組を英語音声にして、とにかく聞きました。

セサミストリートもかかさず見ました。

映画もTVでやっているものを副音声の英語にして、英語だけで観るというのもよくやりました。

ラジオもアメリカの横須賀基地の放送を聞いていました。(いつの時代?と思われるかもしれませんが、今もやっています)

語学留学もせず、駅前留学もせず、英語という音源があれば、とにかく聞きまくっていました。

その時、気を付けていたのが、なるべく自分でもセリフを言ってみるということです。

とくに、セサミストリートは、声を出して、自分で実際に反復してみました。

セサミストリートの良いところは、アルファベットの発音を教えてくれるところです。

Sponsored Links

よく聞いてみてください。学校で教わった発音と全く異なることに気づくでしょう。

 

セサミストリートのお陰か、大学で英語学科に入ったときは、英語圏の教授の話す講義もなんなく聞きとりが出来ました。

自分でも不思議ですが、アルファベットの音の基礎が耳に入っているので、アルファベットのつながりである単語も聞き取れるのです。

また、重要なことは、「英語のシャワー」は浴びるだけではダメだということです。浴びるだけではただの「音」です。

自分で実際に声を出して、反復してみないと、自分のものになりません。

 

時は過ぎて、今では、インターネットで、ネイティブが話すのを聞くことが容易になりました。

例えば、料理好きの人だったら、英語圏の人が料理を作っている動画をYoutubeで観れば、自分の好きな話題で、楽しく英語を勉強できます。

英語のシャワーでもう一つ大事なことは、コンテキスト(文脈)がある(わかる)、ということです。

ただ、聞いているだけでなく、材料を切って、炒めて、出来あがる、という文脈を自分でつかんでいることが大事です。

なぜなら、文脈をつかんでいるということは、自分の頭でそれぞれの場面に応じた英語を習得しているということだからです。

 

インターネットの無料の素材を上手に使って、上質な英語を沢山聞きまくりましょう。

Sponsored Links

人気の記事

英語教材・テキス注意点

英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?
効率良く、英語を向上させるのには?


について書いています。一読下さい。

↓ ↓ ↓
英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?

この記事を読んで頂いてありがとうございました!


ランキングに参加しています。
ワンクリックで応援して頂けると今後ブログを継続する励みになります。


よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

英語 ブログランキングへ

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ