「代理店」 「特約店」 「販売代理店」の違い

よく、代理店契約とか特約店契約とか販売代理店契約というものがあります。

代理店、特約店、販売代理店ってどう違うのでしょうか?

間違って使用されている例も多いので、翻訳する時は注意が必要です。

まず、どれも流通業者であるということです。

代理店はan agencyという訳語が当てられますが、メーカーの代理人として、メーカーと顧客の仲介をします。商品の代金は、顧客がメーカーに支払います。メーカーと代理店の間では、売買契約をかわさないそうです。

Sponsored Links

特約店は、辞書を見ると、a special agentと訳されていますが、実際には、単にwholesalerと言っている場合もあります。

特約店は、メーカーと売買契約を行い、販売活動を任されます。代理店よりメーカーの支配力が強くなるそうです。

販売代理店は、a distributor。特定のメーカーに専属した卸売業者だそうです。メーカーから製品を買い、顧客に再販売します。

Sponsored Links

人気の記事

英語教材・テキス注意点

英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?
効率良く、英語を向上させるのには?


について書いています。一読下さい。

↓ ↓ ↓
英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?

この記事を読んで頂いてありがとうございました!


ランキングに参加しています。
ワンクリックで応援して頂けると今後ブログを継続する励みになります。


よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

英語 ブログランキングへ

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ