英単語の覚え方~「ながら覚え」~

今日は、「単語を覚える」ということだけに焦点を置かないで、英語を楽しむ中で「ながら覚え」をする単語の覚え方をご紹介します。

 

私は、普段、英語の映画やドラマ、ドキュメンタリーなどを暇な時間にリスニングを兼ねながら楽しんで観ているときに、必ず傍らにB5くらいのノートを置いています。そうして、知らない単語が出てきた時に、以下の方法で

英単語を「ながら覚え」します。

 

 

テレビを見る画像

具体的な英単語の「ながら覚え」の手順

 

 

画面を一時停止して、ノートに書き留めます。この時、辞書も調べて意味を書き留めますが、沢山意味のある単語は、その単語の表す「感覚」をつかんでから代表的な意味を一つ、二つ書き留めるだけにします。(あまり詳しく書いても覚えきれないし、覚えるのが嫌になってしまうからです。)

 

 

②それから、その単語の用法を書き留めます。映画であれば、主人公がどのような単語の使い方をしたのか、台詞ごと書き留めます。用法が書いてあった方が覚えやすいです。

Sponsored Links

 

 

③最後に、単語が出てきたシチュエーションを書き留めます。例えば、「映画○○で主人公が念願の会社に採用された時」などです。

 

 

 

一連の作業は、あくまでも動画を楽しみながらリスニングをしている時に、「ながら」で知らない単語を書き留めておくという作業なので、あまり詳しくごちゃごちゃ書き込まないようにします。

 

ある程度、単語がたまったら、後で見返して、復習します。この時に、単語がでてきたシチュエーションを読むと、「あぁ、あの時の台詞かぁ」というふうに、思い出す手がかりになって、思い出しやすくなります。何よりも、どういうシチュエーションで使う単語かということを覚えるのが大事です。後で見返すという作業を定期的に繰り返します。声に出して読むこともしましょう。

 

英単語を「ながら覚え」するコツはリラックスする事

単語の「ながら覚え」はあくまでも、リスニングをしながら、知らない単語をおぼえるものです。単語帳を作ってTOEICのための語彙を集中して覚えることなどとはちょっと訳が違います。もっとリラックスして要点をうまく吸収するやり方です。

 

リスニングをしていて、本場の用法に出会ったのですから、それを上手く吸収すれば良いのです。そのために、台詞を書いたり、シチュエーションを書き留めたりするのです。

 

「ながら覚え」はなによりも、ささっと出来るので、「いかにも単語を勉強しています」という感じになることなく、楽しく語彙を増やせます。皆さんも、リラックスしてやってみてください。

Sponsored Links

人気の記事

英語教材・テキス注意点

英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?
効率良く、英語を向上させるのには?


について書いています。一読下さい。

↓ ↓ ↓
英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?

この記事を読んで頂いてありがとうございました!


ランキングに参加しています。
ワンクリックで応援して頂けると今後ブログを継続する励みになります。


よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

英語 ブログランキングへ

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ