日本の政治に関する英単語

今回は、日本の政治に関する英単語をご紹介します。全て暗記する必要はありませんが、知っておくと、英字新聞を読むときに便利です。ですので、今回は、英字新聞によく出てくる単語をまとめました。

bba00438dd7a3f5054c1d78da908ba5d_s

まず、国会は、the Diet。食事のDietとは別の言葉です。ちなみに、アメリカの議会はthe United States Congress(アメリカ合衆国議会)、イギリスの議会は、the Parliament of the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland (グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会)です。なぜ同じ国会なのに、こんなに呼び方が異なっているかというのは、詳しくは分かりませんが、それぞれの国の国会が出来た歴史的経緯に関わりがあるようです。

 

内閣は、a Cabinetです。その他にthe government とかthe administrationという言葉で表されることもあります。Abe’s administration(安倍政権)のように使います。

 

総理大臣は、Prime Minister。その後に名前が来て、Prime Minister Shinzo Abeとなります。名前は前には来ません。

Sponsored Links

 

官房長官は chief Cabinet secretary。これも名前が後に来ます。

 

衆議院は、the House of Representatives。でも新聞ではthe Lower House(下院)ということが多いです。

 

同様に、参議院はthe House of Councilorsですが、the Upper Houseの方が使われています。

 

国会議員は、a Diet member ですが、新聞では a lawmakerという単語を使うことが圧倒的に多いです。

 

与党はthe ruling partyです。the ruling Liberal Democratic Partyのように使用します。

反対に野党は、the opposition partyです。単に、the oppositionとも言います。

 

与党連合は、ruling coalitionと言います。junior coalitionと言うと、与党連合の従属的な方を指しますので、現在(2015年3月)でしたら、公明党のことです。junior coalition partner Komeitoのように使用します。与党連合・野党連合は、the ruling bloc/the opposition blocとも言います。The opposition sharply criticized the ruling bloc.(野党連合は与党連合を厳しく非難した。)のように使います。

 

これくらいの語彙を知っておけば、政治に関する英字新聞を読むときに楽になると思います。全部一度に覚えようとせず、新聞を読んでいるときに、あ、これはブログでみたな、くらいに思っていれば、段々と覚えていくと思います。

Sponsored Links

人気の記事

英語教材・テキス注意点

英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?
効率良く、英語を向上させるのには?


について書いています。一読下さい。

↓ ↓ ↓
英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?

この記事を読んで頂いてありがとうございました!


ランキングに参加しています。
ワンクリックで応援して頂けると今後ブログを継続する励みになります。


よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

英語 ブログランキングへ

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ