もっと端的に言うと、なぜ日本人の発音は通じないのでしょうか?

答えは簡単です。音の出し方が違うからです。

英語と日本語では、音の出し方が違うのです。

 

音の出し方が違うと言うことは、全く違う音になっていると言うことなのです。

ですから、英語圏の人々は、同じ音(単語)として認識しないのです。

 

発音イメージ

 

 

 

例えば、/m/の音ですが、日本語でいうとマ行の音ですが、日本語を発音するときよりも、はっきりと唇と唇とをくっつけて、鼻から空気を逃がして発音します。

 

/m/の後に音が何も続かない場合は、口を閉じたままで「ムッ」というような音を出します。日本語の「ム」のように口を開けません。

 

このように、英語のアルファベット、またはそのつながりである単語をどのように発音するかというのは、「通じる英語」を話す上でとっても大事なことです。

では、発音はどのように学べばいいのでしょうか?

 

それは、次の記事で!