なぜ日本人の英語は通じないのか?~英単語の語尾について~

日本人の発音は語尾がダメ!!

 

前回の記事で発音の勉強の仕方をご紹介しましたが、実は、日本人の英語発音には、一つ大きな落とし穴があるのです。

それは、英語の語尾の発音です。

 

日本語の場合、単語の語尾は必ず母音か「ん」で終わります。「単語(tango)」の場合だったら、「オ」で終わることになります。反対に、英語では子音で終わる単語というものがあります。日本語には子音で終わる単語はありません。ですから、日本人は、日本語の習慣を当てはめて、英語の「子音で終わる単語」を母音で終わらせて発音してしまうのです。

 

英語の音

Sponsored Links

 

つまり、どういうことかというと、例えばdeskという単語があります。英語では、/k/の音で終わります。/k/は破裂音といって、舌を口の天井にくっつけて、舌を下げると同時に一気に空気を吐きだして作る音です。母音は一切含まれていません。日本人は、中学校でこの単語を習うときに、「デスクゥ」」と最後の「ク」という音を発音するときに「ウ」という母音をつけて発音しますが、先生は直してくれません。

 

英語圏の人にとっては、「desk」と「デスク(ゥ)」は全く別の単語です。日本人がcoke(コーラ)を頼むとコーヒーが出てくるといいますが、恐らくこういった間違えが原因なのではないでしょうか?

 

子音で終わる英単語にはすべて同じことが言えます。子音で終わる英単語には、最後に母音をつけないで、子音のまま発音する!

「通じる英語」にまた一歩近づきます。

 

今回は、学校では教えてくれない英単語の語尾の発音の注意点についてご紹介しました。

Sponsored Links

人気の記事

英語教材・テキス注意点

英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?
効率良く、英語を向上させるのには?


について書いています。一読下さい。

↓ ↓ ↓
英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?

この記事を読んで頂いてありがとうございました!


ランキングに参加しています。
ワンクリックで応援して頂けると今後ブログを継続する励みになります。


よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

英語 ブログランキングへ

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ