本日、契約書の翻訳をしていましたら、satisfy a claim for damages という表現が出てきました。

satisfyというと、満足させる、満たすという訳が思い浮かびますが、ここでは当てはまりません。

辞書を引くと、〈債務を〉果たす, 履行する; 〈請求〉に応じる; 〈負債を〉支払う、という訳が出てきました。

ここでは「損害賠償請求に応じる」という意味になります。

claimは、請求とか申立てという意味です。

気になって、語源を調べましたら、ラテン語でsatis-(十分に)+-fy(…にする)という意味だそうです。

要求、欲望、必要、条件などを「十分にする」ことで、「満たす」とか「応じる」というニュアンスが出るわけですね。