in-licensingとout-licensing ~翻訳の現場から~

特に製薬業界において、他企業の製剤の開発・販売権を購入すること(ライセンスを受けること)をin-licensingというようです。日本語では、「導入」と訳しているようです。

逆に、ライセンスを与えることをout-licensingといいます。「導出」と訳されています。

製薬業界では常識のようです。

話は変わりますが、in the loopという表現も、今日の仕事で訳したのですが、これも良く聞く表現です。

keep (someone) in the loopというかたちで使います。Please keep me in the loop.といった具合です。

loopは「輪」です。輪の中に入れておく、から派生して、「仲間に入れる」とか、「最新情報を共有する」などの意味があります。

Sponsored Links

何か展開があったら、随時連絡ください、ということです。

翻訳文書でも、「子会社の合併など重要事項について、本社と連絡し、関与させる」という文脈でした。

最後に、credit limitsです。

これは、「与信限度額」という意味です。与信限度額とは、取引先への売掛金の限度額のことで、売掛金とは、「製品・商品の販売やサービスの提供など、企業の主たる営業取引から発生する未収入金で、1年以内に現預金で回収が見込まれるもの(コトバンク)」のことです。

企業は、取引先の資産を評価し、適宜与信限度額を設定し、その額以上の取引はしないことになっているようです。収入の未回収を防ぐためです。

 

 

 

 

 

 

Sponsored Links

人気の記事

英語教材・テキス注意点

英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?
効率良く、英語を向上させるのには?


について書いています。一読下さい。

↓ ↓ ↓
英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?

この記事を読んで頂いてありがとうございました!


ランキングに参加しています。
ワンクリックで応援して頂けると今後ブログを継続する励みになります。


よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

英語 ブログランキングへ

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ