私が作った「1日5分で英語が向上する1週間のメニュー」

これまで、いろいろな「1日5分の勉強法」をご紹介してきましたが、これが、実際に続かないと意味がないので、これを1週間のメニューにしたいと思います。

まず、月曜日にリーディング、火曜日にリスニング、水曜日にスピーキング、木曜日にライティング、金曜日に単語覚え、というふうに設定します。この順番は自分の都合に合わせて、お好きに決めて下さって結構です。土日がお休みの方が多いと思うので、土曜日は、映画や長編のドキュメンタリーを観るなど、ちょっと時間のかかることをします。日曜日はお休みします。もちろん、バイタリティー溢れる方は日曜日も勉強していただいて構わないのですが、何事も何もしない日があるのはいいものです。リフレッシュになります。

 

メニュー

 

 

 

 

 

 

月曜日の英語勉強法メニュー

さて、内容ですが、月曜日のリーディングは、お好みの洋書を読んだり、無料の新聞記事を読んだりします。

無料で読める洋書・雑誌など一覧はは以前紹介した
無料で読める英字新聞や洋書について で紹介しています。

 

これらをテキストにしてどの様に リーディングの勉強をすれば良いのか

についても書いていますのでご覧下さい。

 

 

 

火曜日の英語勉強法メニュー

火曜日のリスニングは、好きな動画を観たり、ニュースを聴いたりしましょう。この際、一時停止して、言っていることを声に出して真似することを忘れないようにしましょう。自分が出している音とネイティブの音は同じですか?

お勧めのpodcast channel

・CBS Evening News (その日のニュースのオーディオ版です)

・CBS News Weekend Roundup (その週のニュースのまとめ版です)

・60 Minutes (60分の中で幾つかのテーマを取り上げる報道番組です)

・CNN Anderson Cooper 360°Daily (Anderson Cooper氏の報道番組です)

これらは非常にリスニングの勉強になります。

※ 参考記事;お勧めのリスニング素材としての「podcast」

 

水曜日の英語勉強法メニュー

水曜日のスピーキングは、「今日あったこと」など、お題を決めて、英語で声を出して話してみましょう。お題は何でもよいです。

Sponsored Links

 

もし、時間に余力があったり、英語を喋れる事に力を入れたいのであれば
格安でオンライン英会話という手もあります。

これは、自宅にいながらで学べるオンライン英会話スクールです。

参考記事:※オンライン英会話スクールに関して

 

木曜日の英語勉強法メニュー

 

木曜日のライティングは、記事では、メール編と論文編をご紹介しましたが、5分メニューとしては、

スピーキングのように、お題を決めて5分間書いてみるのが良いでしょう。

 

この時、結論から最初に書いて、その後で、どうしてそうなったかを説明する形にすると良いでしょう。例えば、「今日は、とても腹立たしい出来事があった。」で始め、「まず、電車に乗り遅れた」、「その後、○○の理由で上司に怒られた」などです。なぜなら、英語の文章構成は、基本的に、結論が最初に来ることが多いからです。

お題を決めるのではなくて、木曜日は英語でメールを書く日、と決めてもいいです。英語を学習している日本人の友人でもいいですから、英語でメールのやりとりをしてみましょう。相手から質問があったりすると、会話さながらですので、スピーキング練習の基礎にもなります。

 

 

金曜日の英語勉強法メニュー

金曜日は、記事で紹介した「ながら覚え」をします。なんでもいいですので、リスニングやリーディングの教材を選んで、観たり読んだりします。その中で、出てきた知らない単語をノートに書き留めます。セリフや、セリフが出てきたシチュエーションも書き込みます。

「ながら覚え」でなくて、5分間、単語を集中して覚えてもいいです。例えば、TOEIC対策の単語帳を覚えるなどです。

 

 

土曜日の英語勉強法メニュー

土曜日は、前述のように、映画を観たり、本を読んだり、平日では出来ない時間のかかることをします。この時、発音の真似をしたり、単語の「ながら覚え」を出来ればそれにこしたことはないのですが、ただ単純に勉強のことは忘れて、楽しんでもいいです。

というのは、嫌々ながら、勉強しても頭に入らないからです。自分が上達しているのを実感できて、勉強が楽しくなると、ダメと言われても、自然に発音の真似をしたり、辞書で単語を調べたりするようになります。ですから、そんなにがつがつしなくても大丈夫です。

1日5分と言っても、5分なんてあっという間です。例えば、動画を観ていれば、気づかないうちに10分くらい経っていることは、よくあります。時間をつくれるようになったら、5分のしばりを忘れてみましょう。時間の目安は、自分が飽きるまでです。意外と、30分くらい継続している自分に気づくかも知れません。

最初は、1日5分だけやってみて、1週間のサイクルをやってみてください。継続が大事です

Sponsored Links

人気の記事

英語教材・テキス注意点

英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?
効率良く、英語を向上させるのには?


について書いています。一読下さい。

↓ ↓ ↓
英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?

この記事を読んで頂いてありがとうございました!


ランキングに参加しています。
ワンクリックで応援して頂けると今後ブログを継続する励みになります。


よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

英語 ブログランキングへ

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ