ウィリアム王子来日の新聞記事を読んでみよう。

少し前になってしまいましたが、英国のウィリアム王子が来日され、被災地などを訪問されました。

以下の新聞記事は、The Japan Timesからのもので、ウィリアム王子がNHKのスタジオを訪れ、時代劇の衣装を身にまとったことを表現した部分です。

He donned the traditional trappings of Japanese feudal nobility, wearing the helmet and clothes of an ancient samurai. The second-in-line to the British throne asked for a sword to complete the outfit, and grinned at photographers as he posed for pictures dressed as a warrior from yesteryear.

彼(ウィリアム王子)は、侍の鎧と甲を身に着け、日本の封建時代の崇高な装いに身を包んだ。王位継承順位が2位のこの王子は、衣装の仕上げとして刀を持たせてもらえるよう頼んだ。そして、過ぎ去った昔の武士として衣装を身にまとってポーズを取りながら、カメラに向かってにっこり笑った。(かなり意訳しています)

149012d1ced4291320d4fa9c162c23d1_s

Sponsored Links

単語の解説です。

don=(衣服などを)着る

trappings =装い

feudal=封建時代の

nobility =高潔さ、崇高

the second in line = 第2位である

grin=(歯を見せて)笑う

yesteryear=先年の、往年の

ウィリアム王子に合わせて、格調高い文章にしたかったのか、普段あまり使用しない単語が目立ちます。grin以外は、使用頻度はあまり高くない単語なので、無理して覚える必要はありません。grinのイメージは、「不思議の国のアリス」に出てくる、常に歯を見せてニヤニヤしているチェシャ猫のイメージです。にやっとする笑いを表します。

 

また、ウィリアム王子という単語を頻出させることを避け、わざわざThe second-in-line to the British throneという回りくどい言い方をしています。王位継承第2位の人=ウィリアム王子ということです。

ウィリアム王子は、髷(まげ)のカツラは断って、侍の衣装は率先して身につけたようです。気に入ったんですね。

Sponsored Links

人気の記事

英語教材・テキス注意点

英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?
効率良く、英語を向上させるのには?


について書いています。一読下さい。

↓ ↓ ↓
英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?

この記事を読んで頂いてありがとうございました!


ランキングに参加しています。
ワンクリックで応援して頂けると今後ブログを継続する励みになります。


よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

英語 ブログランキングへ

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ