英語という言語を理解する~英語的思考~

英語と日本語の表現の仕方の違いを知ることは、非常に大事なことです。

なぜなら、英語も日本語もそれぞれの言語の背景には文化があるからです。

 

その文化が言語のあり方を決めるのです。

ですから、同じことでも、「英語はこういうふうに表現する文化なんだな」ということが分かることが大切です。

 

そういうことが分かると、頭に英語の発想が入ってきます。英語の発想とはどういうことものなのか、

それが分かると、自分の頭の中の日本語的思考が英語という言葉になるときに、非常に役立ちます。

 

英語思考

 

ハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化とは?

 

アメリカの文化人類学者であるエドワード.T.ホールが唱えた「ハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化」という概念があります。

 

日本語は、ハイコンテクストな言語と分類されています。

 

どういう意味かというと、話す言語そのものより、

その文脈に隠れた意図を共有の認識を基に読み取り、会話が成り立つという意味です。

 

 

例えば、「ひとつ、よろしくお願いします。」という日本語がありますが、これは英語には直訳できません。

なぜなら、「よろしくお願いする内容」が場面によって異なるからです。

 

でも、日本人は、場面場面によって、よろしくお願いされている内容を文脈で読み取って、

会話の内容を理解しているわけです。

 

日本人

Sponsored Links

 

 

日本語と違う発想があなたの英語力を向上させる

 

それに対して、英語は、ローコンテクストな言語と分類されています。

 

簡単に言ってしまえば、会話で話されたことが全てだと言うことです。

 

共通の認識をもとに文に隠された情報を読み取ると言うことは、ほとんどないと言うことです。

 

これをかみ砕くと、英語では直接的でシンプルな表現が好まれるということです。

(ただし、失礼にあたるような直接的な表現という意味ではありません。)

 

シンプル心がける

 

英語ではシンプルな表現を心がける

 

英語とは、話したことだけで全てが理論的にはっきり分かるような表現をする言語だということです。

曖昧な表現をするから、文脈から読み取ってくれ、というような思いは通じないと言うことです。

 

 

英語コツ

 

どうですか?英語という文化、英語という言語がどういったものか分かったでしょうか?

 

自分の頭の中にある日本語的発想を英語に直すときのコツがつかめたでしょうか?

英語はシンプルで論理的なものが好まれるのです

 

これは、スピーキングでもライティングでも同じことです。

 

 

この辺を理解して英語に取り組むと上達が早いかもしれませんね。

Sponsored Links

人気の記事

英語教材・テキス注意点

英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?
効率良く、英語を向上させるのには?


について書いています。一読下さい。

↓ ↓ ↓
英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?

この記事を読んで頂いてありがとうございました!


ランキングに参加しています。
ワンクリックで応援して頂けると今後ブログを継続する励みになります。


よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

英語 ブログランキングへ

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ