気を悪くしないで欲しいんだけど、って英語でなんて言うの?

「気を悪くしないで欲しいんだけど」とか「悪気はないんだけど」という意味の英語は、no offense to youと言います。Offenseとは、「無礼」とか「気分を害させるもの」という意味ですので、そういった意図はありませんよ、ということです。

a459da14e1915382f522facb00860992_s

 

使い方は、以下のように使います。

 

*No offense to you, but your country’s cuisine is too hot for me to eat.

Sponsored Links

(気を悪くしないで欲しいんだけど、君の国の料理は辛すぎて私には食べられないよ。)

 

*No offense to you, but you seem to have gained weight.

(気を悪くしないで欲しいのですが、体重が増えたように思えますが。)

 

答え方としては、None taken.とかNo offense taken. と言って、こちらが気分を害していないことを示します。(No offense is taken by me. ということです。)

もし気分を害した場合は、Actually, I am offended by what you just said. などと言って、そこから喧嘩(?)が始まることになります。(笑)

 

この表現は、“これからちょっと言いにくいことを言いますが、悪気はありませんよ。”という慣用句で、かなりよく使われますので、覚えておくと便利です。

 

Sponsored Links

人気の記事

英語教材・テキス注意点

英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?
効率良く、英語を向上させるのには?


について書いています。一読下さい。

↓ ↓ ↓
英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?

この記事を読んで頂いてありがとうございました!


ランキングに参加しています。
ワンクリックで応援して頂けると今後ブログを継続する励みになります。


よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

英語 ブログランキングへ

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ