64,000ドルの問題って??

皆さん、英語で the sixty-four-thousand-dollar questionと言われて、ピンときますか?

sixty four thousandは46,000。つまり「46,000ドルの問題」という意味です。

これは、実は、「難しい問題、非常に重大な問題」という意味なんです。

なぜ、そんな意味を持っているのでしょうか?34a17fc4cc59e627d0afb7c510a33e5b_s

実は、1940代にアメリカで流行ったラジオ番組の賞金額から来た表現なのです。

賞金額は、最大で$64だったのですが、当時、難しい問題に対して、 “That’s the $64 question.”と言うのが流行ったそうです。

Sponsored Links

このラジオ番組を基にして作られたTV番組のタイトルが、The $46,000 questionというタイトルだったため、転じて、The $46,000 questionが、「難しい問題、非常に重大な問題」という意味になったようです。(ですので、もともとの賞金額、$64の方を使って、sixty-four-dollar question で「難しい問題」という意味で使う場合もあります。)

ネイティブが話しているのを聞いていると、たまに日常会話で使っているのを耳にします。

Whether the measure will get through Congress this session or not is the sixty-four-thousand-dollar question (the sixty-four-dollar question).

「法案が今期に国会を通過するかどうかは、難しい問題だ(わからない)。」という感じで使います。

Sponsored Links

人気の記事

英語教材・テキス注意点

英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?
効率良く、英語を向上させるのには?


について書いています。一読下さい。

↓ ↓ ↓
英語教材・テキストは、英語のレベルアップに必要か?

この記事を読んで頂いてありがとうございました!


ランキングに参加しています。
ワンクリックで応援して頂けると今後ブログを継続する励みになります。


よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

英語 ブログランキングへ

コメントを残す


サブコンテンツ

このページの先頭へ